Trimble M3 DR5

TOTAL STATION TRIMBLE M3 DR5

Trimble M3 DR5

ハイクオリティー・コンパクト。
高い技術力が結集したマニュアル・トータルステーション

Trimble M3 DR5 は、光学系とプラットフォームを徹底的に研究・開発したことにより、高い防塵・防水性能とクラス1レーザーを維持しながら、大幅な軽量・コンパクト化を実現したノンプリズム搭載型マニュアルトータルステーションです。QVGA反射型カラーディスプレイTFTタッチパネルとWindows CE をベースとした観測プログラムefit+の搭載で、STS、GNSS/GPS と操作体系を統合しました。さらに、新設計EDMに加えエンドレス微動、リチウムイオンダブルポケットバッテリ、Bluetoohなど新技術を搭載しています。

軽量・コンパクト・高性能 = 機動力アップ

現場の荷物は少なく、そして軽量であることはすべての測量技術者の望みです。Trimble M3 DR5 は、重量3.8kg、高さ303mm、幅149mmの業界トップクラスのコンパクトサイズで機動力がアップ。山間部、急傾斜部、災害現場などはもちろん、市街地でのターニングの多い現況測量でもその機動力と高性能をフルに発揮します。

  • 業界最高クラスの軽量 3.8kg(バッテリー、整準台込みの場合は、4.0kg)
  • 業界最高クラスのコンパクトサイズ 149×145×303mm
  • 測距精度 3mm + 2ppm
  • 測角精度 5” (表示 1″ / 5″ / 10″)
  • ノンプリズム機能搭載
  • 可視光レーザーポインター標準搭載 (クラス2)
  • リチウムイオン・ダブルポケット・バッテリー (ホットスワップ可能)
  • QVGA反射型カラーTFTタッチパネル
  • USBメモリスロット標準搭載
  • Bluetooth無線通信標準装備
  • IP66の優れた対環境性能
  • Windows CE、efit+for M3標準搭載

新設計の望遠鏡光学技術

高精度でかつ軽量化を実現したモデルです。レーザークラス1の安全性を維持しながら、望遠鏡のコンパクト化を実現。また、レーザーポインターを搭載したノンプリズム機能は崖や崩落現場、危険箇所などの直接観測で威力を発揮します。

新設計の光学技術は、1素子プリズムで1.5m~5,000mの長距離測距と5,000mでも3mm+2ppmの高精度測距をご提供します。

ダブルポケットバッテリー

機械の両側面にバッテリーポケットを装備。作業を中断せずにバッテリーを交換することができます。また、省電力設計のTrimble M3 DR5 は2つのバッテリーで約10時間の作業時間を提供。スタミナのあるパフォーマンスを発揮します。

操作インターフェイスの共通化 efit+

第1操作パネルには、QVGA(320×240pixel)反射式TFTカラー液晶を搭載、タッチパネル及びキーパッドによるダイナミックな現場操作が可能です。OSには、Windows CE を採用し、Trimble S シリーズと同系列の操作インターフェイス・ソフトウェア「efit+for M3」を搭載。

各モデルで共通のインターフェイスをコンセプトとして、より使い易い即戦力となる操作性をご提供いたします。

ハードケースもコンパクト

ハードケースもコンパクト設計です。車に積載する場合も、担いで観測現場へ運ぶ際にも、やはり「小さくて軽い」がベスト。付属のショルダーベルトで背負えますので、山間地や急傾斜地への運搬の負担を軽減します。本体、簡易マニュアル、予備バッテリー2個、バッテリーツインチャージャー、ACアダプタ、垂球、調整用六角レンチが格納可能です。